大器晩成見せてくれ

関西の沼は深かった、関ジャニ∞とジャニーズWESTと関西Jrの虜

「またね」と言えない別れ

 

お久しぶりです。

 

先にタイトルに触れておきます。私、日本語の響きとかかなり好きな人間なのですが、特に好きなのが「またね」です。「さようならじゃなくてまたね」別れの時にはまた会おうという希望がこもってるこの「またね」を使うようにしてます。外国人の友人にも絶対教える日本語です。

 

ただ、ジャニヲタをしていると「またね」と言えない別れが来ることがあります。端的にいうと、退所です。

 

今まで二度自担と呼んでいた人が去っていき、何度も応援していた人を見送りましたが、何度経験しても慣れるものではありません。

 

私が関西Jrを知った頃すぐに覚えた小さな子たちはすっかり高校生になって、「受験休み」に入っていた子が数名出るようになりました。

 

そして、そのまま帰ってこなかった子がいます。

 

いつ辞めたのかもわからなくて、関西のセンターがファンに伝えてくれてやっとわかった退所。今回の彼は担当ではなかったのですが、所謂DK組と呼ばれている彼等を応援していたみとしてはかなり心に穴が空いています。まして貴方の隣の彼はどうなるんだ!という憤りも感じてしまいます。

 

…とここまでまとまらない文章ですが、まとめると「ありがとう、でも寂しいよ」とだけ伝える場が欲しいです。

 

そして、辞めるなら、辞めて公にでようとするなら、

夢を叶えてからでお願いします。

 

相変わらずまとまらない文章で申し訳ないです。

 

彼等の未来にも幸あれ